記事

最新ニュース

記事作成者

時事 スポーツ 浅田真央

    スポーツとテレビが放送した鋭い均一でない関係がその時それを切ったことを、持ちます。
    両方の「快適な距離」が存在すると思いませんあらゆる競争。
    フィギュアスケートが、たとえば、パフォーマンスを終えたプレーヤーが得点発表を待つ見慣れた場面。
    常にそれが本当に良い距離感である時を賞賛する間、それを見ます。

    そして、ティッシュで鼻水を抑えている間、落ちつかないプレーヤーがいます。
    しかし、パフォーマンスの手ごたえのほどがは表現からそれに着きます。
    採点と予想でより多くのものによる結果のための呼吸と待ちが現れることをプレーヤーが認めるならば
    ぐるりとコーチを見つめて、それと共に喜びます。
    そして、感覚残念をぐらつかせるために、逆の慓軽者に小さな首をしばしば残します。

    プレーヤー用の笑ったりがスクリーンへのクローズアップになるので、それは場合によっては厳しい数分の
    間なければなりません。
    しかし、低い音楽で終わったプレーヤーは、敗者の美しさを示すかもしれません。
    取り込み(いらいら(観衆の方の他の語の)のためのテレビ・カメラ)の方へ、わずかな微笑を示します。
    そして、静かに去ろうとしている人物が見るとき、背中の長い潔さに拍手を送りたいです。
時事 経済 ドイツその2