記事

最新ニュース

記事作成者

時事 エンタメ けいおん

    ヨウコ・ヒカサと佐藤智美は、プラットホームに上がります;映画「けいおん!」、まさしく大衆誌からの
    展示が感謝する。12月3日に挨拶を行います。2週連続は、平均的(興収あらゆるスクリーン)最初の場所を
    放送します。137による展示であることにもかかわらず興収8億円をかせぐ映画「けいおん」は
    ここまで映るだけです。
    挨拶が12月17日とヨウコ・ヒカサと佐藤智美中の京都と大阪で行われたことを、超大作はステージに感謝します。
    主役の声優に仕えた山田奈緒子課長はプラットホームに上がりました。

    「けいおん!」

    アキヤマ・ミオの役と対戦した日笠(「およそ3年は、1文字されるとき、その時にとって重要である宝です」)。
    すべてあなたで「けいおん」のための「!」しかし、それが宝にならなければならないと思うとき、挨拶します。
    タイ系諸族の「けいおん」から法律の部分をしたサトウ「!」栄光を与えないかわいらしさがの魅力を
    含むと思います。
    すべてのキャスト・スタッフがすべての多くの愛で成功したので ― 暖かいと感じることができた仕事がわかった
    それを見終わった後にあると思いました。

    同じ著者による業績の力は、映画だけでなく音楽円までも広がります。
    ティータイムに放課後中で主役の声優に貢献している「歌うこと」が第4の場所と第5をもたらす「歌!」と
    「EndlessなUnmei♪wa♪!」は、オリコンウィークリーランキングで各々を置きます。
    今、そして、「けいおん!」、は社会現象になります。
時事 政治 福島原発問題