記事

最新ニュース

記事作成者

時事 経済 ドイツその2

    「地震災害は日本経済で強くて、2012年にの影響です」ことは、野村のディレクター・キウチです。
    しかし、地震災害の影響は、11年の反対側にコースに作用します。
    11年に対する地震災難に起因する供給ショックによって増やされていた経済成長率に反して成長率を
    増やすことは、コースに従って行動します。

    最初は、個人の基礎のリバイバル需要です。東北地区の消費に集まって、個人消費に関しては
    根の深い回復は続きます。第2は、車の製造の増加です。
    自動車産業が地震災害に起因するサプライチェーン崩壊の影響を最も強く受けたので、目録レベルは低いです。
    そして、生産の増加は、まだ11にとどまると考えられます。
    さらにまた、エコカー助成金は復活もして、需要も支えます。
    第3に関しては、金融は開放的です。第3の補正予算は11月11日に承認されます。
    そして、再建契約は新年からたけなわです。
    そのうえ、政府による説明に反して、また、12の予算は、大幅に昨年を上回ります。

    また、割引があります。また、ロンドン・オリンピックは、12年夏に開催されます。
    経験によって学ばれる過去の法律から判断して、エレクトロニクス製品が主にオリンピックイヤーで
    落ちたそのような先例が、ありません。

    さらにまた、それは消費税の増加です。
    ディレクター・キウチによると、4分の1前4四半期の間家に車で飛び込むと言われます。
    そして、需要が1997年の増加の時に起こりました。
    消費税の増加の時間が10月13日または4月14日であるならば、正面ロードした需要が12年の間に起こる
    場合があります。
時事 スポーツ 浅田真央時事 経済 ドイツ