記事

最新ニュース

記事作成者

時事 経済 ドイツ

    Meetingが12月に8から9まで保ったEUサミットでは、今年(2011)負債の原因であったEU諸国の
    財政赤字で厳しい輪をすることができる計画のために、合意に達しました。
    それは1歩進展です。しかし、この感覚で最後まで長期的に病気の完治を目指している処方によって
    これは短期影響を予想することができません。

    国債の借り替えがうまくいかないならば、混沌としたデフォルト(義務の不履行)は起こるかもしれません。
    そのような状況になるならば、それはリーマン・ショックの再臨になるかもしれません。
    第一生命保険相互会社経済研究所経済研究学部の永濱利廣主席経済学者は、ユーロがおよそ40%混乱するという
    可能性があると考えます。

    それは、そのような混乱を防ぐ能力を持つために、ECB(欧州中央銀行)だけを持っています。
    金額はEFSF(ヨーロッパの金融為替安定基金)において欠けているものです。
    そして、IMF(国際通貨基金)において、金融はセンターです。
    規制を持たないことが近くてECBがスケールで問題国の国債を購入するかどうかにかかわらず
    市場の混同を避けるのにそれかかります。

    それが終わりなしで国債に買う政府bonds.Whenの大規模な購入に、注意する姿勢を、ECBは打破しません。
    そして、金融は問題国の金融を犠牲にします。これは財政規律が不安定になるからです。
    ECBはドイツの影響で強いです、そして、ドイツは予算赤字削減のために財政規律と再構成を重んじます。
    今後考えられるECBは、どんな通信ですか?ECBがドイツのメルケル首相と世界経済をのこぎりで切るとき
    日本経済の運命を持ちます。
    「3ヵ月は、1月12日からの適切な決定的な点です」(野村証券金融経済研究所、木内登英経済研究部局長)。
時事 経済 ドイツその2時事 政治 福島原発問題